チリも積もれば山となる手法


k68huur 海外FXでもバイナリーオプション業者ランキング&ブログ体験記でもよく目にする言葉、スキャルピングについてご説明します。スキャルピングは簡単に例えるとしたら「チリも積もれば山となる」手法の取引と言えます。取引の時間は最長でも数十分という短い間隔で取引を行い、小さな利益でも回数をこなして大きな利益にしていくという手法です。利益が小さいのであまり効率よくないと思うかもしれませんが、その分損失のリスクも小さくなるのがスキャルピングの利点でもあります。

大きな利益を得ようとするとリスクの事も頭に浮かびますから、その点は楽観的に取引に望む事ができるでしょう。それでも売買中は為替の変動には注目しなくてはならないので、短期集中が苦手な人にとっては神経を疲弊させてしまうかもしれません。

また、スキャルピングは損失を被るリスクを最小限に抑えることができますが、売買の回数を重ねても全く利益が上がらなければ、最終的に積もるものも積もらず損失になってしまうこともあるので注意が必要です。

売買の取引回数が多くなるスキャルピングは、手数料が無料なFX取引業者を選ばないと取引にかかるコストだけでもかなりな額になってしまいます。スプレッドについても低い業者をよく検討する必要がありますね。他にも利用するコンピュータやモバイルなどの媒体システムが安定して稼動しているかどうかも重要ポイントです。

為替レートの動きは常に変動し動いていますので、それについていけるシステムでないとせっかくの売買タイミングを逃がしてしまう事もあります。処理能力が遅かったり反応が鈍いなど、システムダウンしてしまうと回数の多い取引には致命的です。またスリッページしない約定能力が高い業者を選ぶことも重視すべきポイントです。

スリッページは、例えば米ドル/円のペアで取引をしていたとして、1ドル80.00円で買いのオーダーをしても、その単価と異なる80.05円で約定してしまうという現象のことを指します。処理能力の高度なサーバーで約定能力が高いFX業者なら事前に防げることもありますが、どんなに優秀なFX業者でもスリッページを避けられないケースもあります。

スリッページを避けられないケースとは、急に為替相場が変動するタイミングです。重要な経済指標が発表されるタイミングや、週明け月曜の朝といった取引のスタート時などは、為替相場が大きく動くことがあります。為替相場が急変しそうなタイミングを避けてスキャルピングを行うようにすれば、スリッページも回避しやすくなります。

スリッページの回避方法には、成行注文時に許容スリッページをゼロ設定にする方法や、指値注文で避けられる場合もあります。しかし逆指値注文で損切りの処分をしたい場合は、スリッページ回避はできません。

スキャルピングに起こりうる現象や、重要なポイントなどFXやバイナリーオプション 初心者にとっては理解が難しい部分もあるかもしれませんが、事前の知識として身につけておいて損はありません。