2つの通貨間の金利差が利益・損失となるもの


huur41 スワップ金利とは、2つの通貨間の金利差が利益・損失となるものを言います。一般的には買いポジションを持っている場合は毎日スワップポイントが付き、売りポジションを持っている場合はスワップポイントを払わなければならない(損失になる)という仕組みです。このスワップポイントの大きさはFX業者によって様々ですので、スワップ狙いの投資をする方は業者選びを慎重にしてください。時には短期取引用口座と、スワップ狙いの口座を使い分ける手もあります。

このFX口座を使い分ける事には、資金管理面でのメリットもあります。スワップで積み立てているポジションを短期トレードのロスカットによって崩さなければならないという状況を回避できます。スワップ狙いの投資は長期にポジションを持ち続ける事が重要ですので、やはり別口座を持つ事をお勧めします。

スプレッド

スプレッドとは、売りと買い双方の値段の幅の事を言います。一般にこのスプレッドはFX取引の手数料と見なされていますので、このスプレッドが小さいほど投資家には有利になります。スプレッド原則固定と打ち出している業者が多いですが、その値はFX業者によって様々ですので、口座を開設する前に慎重に比較して検討しましょう。

この点での落とし穴は業者ごとの約定能力の高低です。例えスプレッドが小さくても、約定がなかなか思う値で通らない場合、特に短期トレードにおいては思わぬ損失となってしまいます。FX口座選びでは低スプレッドで約定能力の高い口座を選びましょう。取引のしやすさや、チャートの機能、Meta Traderの利用方法なども含めてデモ取引で確認できますので、実際の取引を行う前にデモトレードで確認しましょう。

通貨ペア

FX業者の扱う通貨ペアが多いほどチャレンジできる分野が広がりますが、基本的にはどうしても取引したいこだわりのペアがある場合を除いてはそれほど重要ではありません。ただ時折起こる大相場に備えて、取引可能通貨ペアの多い業者の口座を持っていてもいいかもしれません。それでもいわゆるマイナー通貨ではスワップ金利が高い場合が多いものの、流動性が低かったり、スプレッドが広い場合があるので、思わぬ損失を被らないように慎重にトレードしましょう。FXを始める前にバイナリーオプションで慣らしておきたいという方が増えています。もし貴方もそのお一人でしたら、是非24Optionを試してみて下さい。もちろんデモトレードも体験できます。